あなたの記憶装置 復旧できます。

データを、取り戻す

ハードディスク

コンピュータという機械に、私たちはだいぶ親しむようになりました。
いつも傍らにはアイツがいた、と言っても過言ではありません。現に、私は今パソコンに向かって物を書き、あなたはパソコンに目を向けています。
ところで、この機械には膨大なデータが詰まっています。特に、長く使っているパソコンを持っている人は、それだけたくさんのデータをパソコンに入れているでしょう。
例えば、ワープロソフトで作成した文書とか。カメラで撮ってからパソコンに保存した写真、動画……。

これらのデータの保存先としてあるものこそ、hdd。訳さずに書くと「ハードディスク・ドライブ」ということになります。
もとからパソコン内部に入っている「内蔵hdd」と、あらためてUSBコードなどで接続して使う外付けhddとがあります。
外付けhddは、コードの抜き差しでパソコンにつないだり離したりすることが出来ます。データを運ぶときや、よりたくさんのデータをパソコンに入れたいというときに便利です。

ところで、この文章のテーマは、タイトルを見れば分かるように、外付けhddの「復旧」ということです。
復旧というのは、古いものを再び取り戻すという意味の日本語ですが、ここで言う「古いもの」とは、hdd内に保存されているデータに他なりません。
つまり、便利きわまりない外付けhddというアイテムも、ただ便利なだけではなく、時には復旧作業が必要になることもあるということ。
もうちょっとオブラートに包まずに言うなら、故障してしまうことがあるということなのです。特に、データを復旧させなければならないという場合もあるので厄介なのです。

というわけで、ここでは、外付けhddの故障と復旧について取り上げます。

記事一覧

故障の例

修理

外付けhdd。どんなとき、こいつが「壊れた」と言えるのでしょうか。その例を見て覚えておくと、いざ「これって故障かな?」と思ったときに役立ちます。復旧に向けて、素早く動くことが出来るのです。

» 詳細を確認する

故障させないために

キーボード

外付けhddを、そもそも「故障して復旧」という面倒なサイクルへ放り込まないようにするには、どうすればいいのかを知ること。つまり、日頃から気をつけておくべきことは何かを、把握すること。それが大事です。

» 詳細を確認する

故障発見機能

安心して作業する人々

外付けhddには、利用者である私たちが素早い復旧にコマを進めることが出来るように、自ら故障を察知する機能が備わっています。S.M.A.R.T.(スマート)というその機能について、把握しておきましょう。

» 詳細を確認する