あなたの記憶装置 復旧できます。

故障させないために

キーボード

故障したから復旧させよう。そう思うのは至極まっとうなことで、非の打ちどころゼロです。きれいなゼロ。「ケガをしたから絆創膏を貼ろう」というのと同じくらい、それは正しいことです。
確かに、壊れたものは復旧させなければ。見れなくなってしまったものも、やはり復旧させなければ。
外付けhddが物理的に壊れてしまったときも、データが消えてしまったというときも、どちらの場合であれ、「復旧する」ということが大事です。

とはいえ、そもそも復旧させるとか何とか、そういうことが必要ないように心を配ることは欠かさなかったか。
復旧作業に入る前に、そう自問することは忘れないようにしましょう。日頃からのちょっとしたメンテナンスで、故障とか復旧とかいう物騒な単語を聞かなくても済む状態に、出来たかもしれないのですから。
例えば、外付けhdd内の不要なファイルは削除するとか。定期的にそういったことをしているだけでも、外付けhddの寿命はグンと伸びるのです。

外付けhddを、いたずらに「故障と復旧」という流れに放り込まないようにするための方法。少なくとも外付けhddが不調をきたしても慌てなくていいようにする方法。
その方法を、ひとつ、ここでは挙げることが出来ます。バックアップという方法です。

外付けhddの中にあるデータのうち、特に大切なものを別の媒体に保存する作業。それがバックアップです。
いちばん簡単なのは、もうひとつ外付けhddを持ってきて、データをそちらにも保存しておくという方法。
hddが重くてイヤだというなら、ポケットサイズのUSBや、CD、DVDといったメディアもあります。